« レゴにハマる子供たち・・・☆  | トップページ | 「ある閉ざされた雪山荘の中で」東野圭吾 »

2006年12月14日 (木)

「殺人の門」 東野圭吾

殺人の門少し分厚い文庫本でしたが、1日でなんとか読み終わる。というか、ラストまで行かないと今日は寝れない!ぐらいの勢いで読んでさっきやっと読み終わりました。分厚さのわりには、すっと読めたのがよかった。これも、物語の面白さというか東野さんの罠にハマッたというべきなのか・・・ 

 

内容は、主人公が自分の人生を狂わせた同級生に殺意を抱き、果たして彼は殺すのか?殺さないのか? 誰もが抱くであろう「殺意」をテーマに描かれています。題名の「殺人の門」とは・・・人が殺意を抱いたときにその殺人者の門の前でとどまるのか、その門をくぐってしまったら殺人者となるのです。  

東野さん作品でも、かなり白夜行に近い進み方でした。大きなトリックが仕掛けられてるわけでもなく、淡々と物語りは進み、主人公の転落人生にイライラなるんですけど(どうして同じ人に騙される?って突っ込みたくなります。) それでいて、主人公には救われることはなく読後感がなんともスッキリしないんですが、それでもすごく「殺意」とかすごく考えさせられます。

|

« レゴにハマる子供たち・・・☆  | トップページ | 「ある閉ざされた雪山荘の中で」東野圭吾 »

コメント

http://swfrgbdfrrgfs.host.com
desk3
[url=http://swfsgbdfrrgfs.host.com]desk4[/url]
[link=http://swfagbdfrrgfs.host.com]desk6[/link]

投稿: Alicewbo | 2007年2月27日 (火) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レゴにハマる子供たち・・・☆  | トップページ | 「ある閉ざされた雪山荘の中で」東野圭吾 »