« デスノート もうテレビで放送☆ | トップページ | まごまご嵐 ☆ プチパパ翔君&相葉ちゃん »

2006年10月 5日 (木)

東野圭吾 3冊ドン☆

悪意嘘をもうひとつだけゲームの名は誘拐「悪意」「嘘をもうひとつだけ」「ゲームの名は誘拐」を先週一気に3冊読みました。どれもハズレなしというか、東野作品で??というのはひとつもないのです。本当にどの作品も面白い! 簡単に感想だけ・・・

「悪意」・・・犯人が決して語らぬ動機加賀刑事の推理は!?誰が?なぜ殺したのか!?加賀さんシリーズ大好きです!! 犯人が語らない犯行動機に、加賀刑事がその動機にせまっていきます。加賀刑事の過去のエピソードも登場します。物語は最後にどんでん返し!?が用意されていましたね。まんまと私は終盤にかけて犯人の思惑にはまっていました。 

「嘘をもうひとつだけ」・・・今回は、5編の短編小説になっています。短編は短時間で完結できるので、読みやすさがいいですね。この作品は、犯人があらかじめわかっていて、加賀刑事がジリジリと犯人を追い詰めていきます。題名の「嘘」というのがキーワードーですが、それぞれの犯人が嘘に嘘を重ねてしまうんですね。 犯人の心理描写も日常にあふれているものだし、ドキッとしたりもしますね。

「ゲームの名は誘拐」・・・こちらも読みやすいですね。こちらもあらかじめ犯人はわかってい、犯人の頭脳プレーが中盤まで続きますが、終盤展開がかわります。この展開も、「こうくるのか、、、、」という感じでした。 たしかこの作品は映画化されてるようなので、ぜひ見たいです。

|

« デスノート もうテレビで放送☆ | トップページ | まごまご嵐 ☆ プチパパ翔君&相葉ちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97259/3697341

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾 3冊ドン☆:

« デスノート もうテレビで放送☆ | トップページ | まごまご嵐 ☆ プチパパ翔君&相葉ちゃん »