« 「眠りの森」 東野圭吾著 | トップページ | 担当バトン☆  »

2006年9月18日 (月)

「どちらかが彼女を殺した」 東野圭吾 

どちらかが彼女を殺したこちらも読者自身で犯人を探し当てる本です。 「私が彼を殺した」に比べると、容疑者が二人で犯行のヒントもこちらのほうがわかりやすく、犯人を探しあてやすいかな?結局私は最後までわかってません・・・犯人が。 結局いつもお世話になってる「東野圭吾ファンサイト」へいって謎解きしてスッキリ。  以下簡単に感想ですがネタバレ含みますので・・・

とにかく、加賀刑事がかっこいいー。最後はお兄さんが犯人を殺したかと思ってしまいましたが、良かった・・・殺さなかったんですね。(スイッチを押した時は殺したの?っ、胸がバクバクでした)殺したしまったら、あまりにも悲しい結末ですよね。 とにかく、東野さんの作品の凄さにはただただ圧倒されます・・・どの本を読んでもハズレがない!  

|

« 「眠りの森」 東野圭吾著 | トップページ | 担当バトン☆  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97259/3491166

この記事へのトラックバック一覧です: 「どちらかが彼女を殺した」 東野圭吾 :

« 「眠りの森」 東野圭吾著 | トップページ | 担当バトン☆  »