« 夏コンの感想!! | トップページ | うたばん »

2006年7月24日 (月)

東野圭吾・小川洋子

無性に本が読みたくなると一気に読んでしまいます。ここ数日で一気に2冊読んでしまいました。

*「同級生」東野圭吾著

 「放課後」に次ぐ学園もの。私は放課後より「同級生」が好きかな。面白かった・・・先が気になって仕方なくて思わず犯人は誰か?知りたくなって最後のページをめくりそうになりつつ・・・我慢して読む、、、。東野圭吾の本って、最後のページの最後のセリフが本当に重要ですね。「宿命」も最後のセリフがなんともいえない印象を私に与えましたが、「同級生」も最後の最後にこうきましたか。タイトルの意味もこういったことからつけたんですね。今年に入ってから東野さんの作品ばかり読んでしまいます。本当にどれも面白い!お友達に沢山借りてきたので、他の作品も凄く楽しみです。

*「博士の愛した数式」 小川洋子著

最近映画化されたものです。小川さんの作品は初めて読みましたが、読みやすい!内容も東野さんの作品とは違った世界のものなのでそれもまた、私に新鮮さを与えてくれました。「博士の記憶が80分しかもたない」・・・事故で脳に障害が起きてしまい、記憶が残らなくなってしまいました。博士が愛したのは素数と子供。素数・・・数学が本当に苦手で受験もとにかく数学のない文系を選んでいました。そのときにこの本に出合えていたら、少しは数字が好きになっていたかも。完全数とかわたしもやってみたくなってしまいました。(うーん、脳が・・・) これは映画版も絶対にみたいです。 最後が切なかったのですが・・・でも、数字の素晴らしさはわかる本かな。 

|

« 夏コンの感想!! | トップページ | うたばん »

コメント

東野圭吾さん!ラストはいつも、ドキッとかウルッとかなって、ミステリだということを忘れてしまいます。
タイトルも、いつもなるほど!って思わされます。
甘い感じのタイトルなのに、ヘビーな内容だったりね。
「同級生」は私も好き。ちょっと切ないですよね。時間あったら読み返してみますー。夏の読書ってなんかいいよね。

投稿: エヌジュン | 2006年7月25日 (火) 10時40分

こんばんわ、エヌジュンさん♪
東野圭吾の新作が出たみたいですね。うーん、読みたいかも。 こんなに東野中毒になるとは思いませんでした、読み始めるとやめられない・・・。 またお薦めな本があったら教えてくださいね。

投稿: みんみ | 2006年7月25日 (火) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/97259/2787837

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾・小川洋子:

« 夏コンの感想!! | トップページ | うたばん »